« 遠くなる沖縄 | トップページ | ウォーキングの下見をしました »

2009.01.31

大相撲協会は麻薬とリンチの追放をやれよ!

  なにやら横綱朝青龍の「品格」ばかり問題にする相撲関係者には辟易する。
 それよりも大麻汚染された相撲業界の浄化のほうが大問題です。

 十両力士の若麒麟、大麻所持で現行犯逮捕(讀賣新聞)

 こうなれば全相撲取りのドーピング検査をすべき。国技であるならば麻薬などとんでもない。

 日ごろ朝青龍の品格を問題視しているNHK相撲解説者の尾車親方(元大関琴風)の部屋力士の犯罪。麻薬常習者が力士でいること事態大問題。この問題の再発予防策がきちんとできない限りはNHKは大相撲中継をやめるべきです。甘やかしてはいけない。

 リンチ防止策はどうなっているのか。武蔵川理事長はきちんと処理が出来るのか。

 大相撲は存亡の危機と言えるでしょう。

|

« 遠くなる沖縄 | トップページ | ウォーキングの下見をしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲協会は麻薬とリンチの追放をやれよ!:

« 遠くなる沖縄 | トップページ | ウォーキングの下見をしました »