« 大相撲は国技といえるのか! | トップページ | イラン革命から30年 »

2009.02.02

歯医者の仕事は偉い

 1月から奥歯の詰めたところが外れたので、思わぬ歯医者通いに。今日でとりあえず最終らしい。やれ,やれですね。

 なんぜ口の中の作業ですから細かいし、大変そう。治療を受けるほうも口を放し。小さな電動工具で削られること。痛いこともありますし。

 感心するのは歯科衛生士の女性スタッフの人たち。歯石や歯垢を除去していただきます。

「歯石は石のように硬い歯の汚れです。石ですので除去するのは電動工具でしないといけません。歯垢の段階は柔らかいので、歯ブラシや糸楊子で除去できますよ。鏡を見て練習してください。」と歯磨き指導もしていただきました。

 自分の口の中を普段は見たことはあまりないので、観察しています。歯並びも悪いし美しくない。

 そういえば子供のときに、近所の歯医者さんがうちへマージャンをしにきた折に、お土産にいつのチョコレートを持ってきてくれました。

 「お前さんは結構虫歯にならないね」とか言われていましたね。遺伝かもしれません。高齢者の両親とも親知らず以外は全部自分の歯ですし。わたしも手入れを怠らないようにしませんと。

|

« 大相撲は国技といえるのか! | トップページ | イラン革命から30年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/43924246

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者の仕事は偉い:

« 大相撲は国技といえるのか! | トップページ | イラン革命から30年 »