« ミサイルや核ではなくサッカーで自己主張を! | トップページ | 自然エネと有機農業での産業振興計画を »

2009.03.30

お花見遊覧船に乗船

Zixyousenmae_r

  近くにある高知市堀川の両岸に咲く桜。知り合いの西沢さんと豊後さんたちが運営しているお花見遊覧船。今年も乗船しました。仕事をなんとかやりくりして乗船しました。
 「防錆塗装シーズンの開幕」の象徴的な写真を撮影し、ホームページに掲載する目的がありました。桜が咲く時期になると外気温が10度を上回り、ラストボンドSGなどの性能の優れた防錆塗料が、乾燥硬化できる気温になった証拠だからです。
F5_r

 また岸から眺める桜と、水上からの眺めはまた異なりますし。この船は双胴船であり、揺れは少ないユニークな構造です。いろんなプレジャーボートを販売している太平洋マリンですが、ユニークな船だそうです。もともとは従業員同士で慰安にお花見をこの船でしていたそうですが、あまりに楽しそうなので、お花見の季節に限定して,お花見遊覧船として巡航します。乗船料は1000円。今年は4月5日までです。

 お問い合わせは  お電話は 088-803-8732  です。
F4hirouen_r

 (近くのホテルの披露宴か写真撮影でカップルがいました。)
 ライフジャケットを着用し乗船します。堀川を低速で航行します。両岸の桜並木の”トンネル”を水路をすべっていくのでいいものです。昔吉祥寺に住んでいたときに井の頭公園でお花見に時期にボートへ乗り桜見物しましたが、水面と桜は相性がいいものですね。
F8tv_r
(テレビ高知の「イブニング高知(夕方(のTVクルーも来ていました。乗船されたそうです。)
 今ある資源を有効に活用しているお花見遊覧船。とてもよい企画です。やはりおしゃれな企画ですので、追随するグループも現れましたし。
Nisizawa_r
(船長の西澤武さんです)
 同乗したのは小学生とお母さんたちのグループ。医療関係者の人たち。ご近所の人でした。皆さん船上から見る桜は良いらしく関心していました。
F13_r
 船は鏡川大橋の下をくぐりぬけ、堀川水門の下も通過し、丸山台へ行きます。
Fkagamikawao_r
Fhorikawa_r_3
 今は無人島の丸山台。その昔は今の倍ぐらい大きく料亭があり、板垣退助氏が外遊から戻ると当時の高知市民は大宴会をしたそうです。
Maruyamadai
F19_r

 お花見遊覧船のスタッフの皆さんです。ご苦労様でした。
Sutaf_r

|

« ミサイルや核ではなくサッカーで自己主張を! | トップページ | 自然エネと有機農業での産業振興計画を »

コメント

お花見遊覧船の皆様ありがとうございました。毎年楽しみにしています。

 

投稿: けんちゃん | 2009.03.31 09:54

ありがとうございます。まだまだいたらないことも数々あると思いますが、少しづつ改善していって、皆さんと楽しい事を共有できればと考えてます。
これからも応援よろしくお願いします。(ブンゴ)

投稿: お花見遊覧船 | 2009.03.31 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/44511225

この記事へのトラックバック一覧です: お花見遊覧船に乗船:

« ミサイルや核ではなくサッカーで自己主張を! | トップページ | 自然エネと有機農業での産業振興計画を »