« 間寛平さんついに太平洋横断か | トップページ | 希望をもって働こう »

2009.03.11

自衛隊に海賊退治は出来るのか?

  十分な国会審議もなしに「海上警備行動」の延長で自衛隊を海賊退治にソマリヤへ派遣するようです。大丈夫なのでしょうか?

 自衛隊ソマリア沖へ:ポイント解説/2 変わらぬ武器使用基準◇応戦判断、現場不慣れ(毎日新聞)

 ソマリヤは大国が紛争に介入し、政府が十分き機能していないようです。ロケットランチャーのような武器まであるようで、こうなると軍閥勢力のようです。

 中国や韓国も海軍を次々と派遣しているので「国際貢献」で遅れをとるなという主張が政府・与党にあるようですが、憲法に抵触するし、果たして効果があるかどうか疑問です。自衛隊の身の安全も確かかどうかも心配。

 海の警察なら海上保安庁が専門。その範囲での国債貢献がなぜ考えられなかったのか。なぜ自衛隊でなければいけないのかはなはだ疑問な派遣です。

|

« 間寛平さんついに太平洋横断か | トップページ | 希望をもって働こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊に海賊退治は出来るのか?:

« 間寛平さんついに太平洋横断か | トップページ | 希望をもって働こう »