« 世の中捨てたものではありません | トップページ | 厳しい就職戦線の様子 »

2009.03.15

R君とお別れセーリング

Rin1_r
(約1年間のブランクがありましたが、R君はちゃんと間違いなくぎ装(ヨットの組み立て)が出来ました。若いということは素晴らしいことです。)

 4年前の中学生の時からヨットを始めたR君。進学校で大変でした。ヨットも強風でも乗れるようになり、沈して流され救助されたこともありました。でもその後もめげずにセーリング。さすがに高校3年生になってからは勉学第一でセーリングは出来ませんでした。しかしこのたび見事に志望大学に現役合格しました。

 4月から県外の大学へ行かれるので今日は1年ぶりのセーリング。ぎ装も忘れていると言うことで、慎重にセットアップ。点検しました。
Yasukouri_r
 弥生3月ですが意外に冷え込んでいました。ヨットに氷が張っていました。
Gisou_r
 自分も間違いなくぎ装しないといけませんね。春なので風が吹くのか吹かないのかわかりませんし。
Kouichiu_r
 高知大学ヨット部もにぎやかに活動をしていました。
Yasu3152_r

Yasu315_r_2

 ぎ装の完成。これから着替えてYASU海の駅クラブ事務所に出艇申告書を出しに行きます。帰着しましても報告が必要です。海の安全は大事ですし。
 ドライスーツを着込みいざセーリングです。3月は意外に外気温が高くはありません。また夜須のハーバーは安側の河口部にあるので、雪解け水が来ているせいかとても出艇時には冷たいのです。

 R君は厚めのウェットスーツでしたが寒いと言っておりました。
Yacht315_r_2
 今日は夜須中学、高校生大学生や社会人など20艇のヨットが海に出ていました。また同時刻には浦戸湾から夜須へクルーザーヨットも7艇ほど来ていました。ヨットもシーズンに入りました。

 波も無く風が弱かったのはやや残念ですが、ブランクのあったR君も堪能しました。可能なら県外の大学へ行かれてもヨットは続けていただきたい。そう思います。

|

« 世の中捨てたものではありません | トップページ | 厳しい就職戦線の様子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/44343852

この記事へのトラックバック一覧です: R君とお別れセーリング:

« 世の中捨てたものではありません | トップページ | 厳しい就職戦線の様子 »