« 県内ブロガーの冷静な反応 | トップページ | 両陛下結婚50年を祝う »

2009.04.10

思い知ったテレビの底力

 先般のWBCの野球中継には久々に「テレビをまじめに」見ました。なんせアジア予選の日本ラウンドは高知はテレビ朝日系列のローカル局がないので全然見れず。本戦になりTBSが放映したときにはまじめに見ましたね。

 準決勝と決勝は平日の昼間でしたが、昼休みやお得意先にて観戦しましたし。皆も上がっていましたね。これほど1つの話題(スポーツ)に皆が関心を持つのは久しぶりでした。

 それはTBSが真摯に中継に力を入れ、「絶叫アナ」は多少耳障りですが、スポーツの持つ力の賜物でしょう。「筋書きのない」ドラマの凄さ、面白さに皆酔いました。

 時折勘違いした民放局が、お笑い芸人をスタジオに呼んでスポーツ番組をバラエティ番組化すようという番組も時折ありますが、絶対に見ないことにしています。スポーツの真剣勝負に「お笑い解説」は邪魔なだけ。

 次にサッカーがそうなるのか。まだまだ世界との差を感じますが。

|

« 県内ブロガーの冷静な反応 | トップページ | 両陛下結婚50年を祝う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い知ったテレビの底力:

« 県内ブロガーの冷静な反応 | トップページ | 両陛下結婚50年を祝う »