« 5月16日ー17日は夜須でヨットレース開催 | トップページ | 「自己責任社会」のまやかし »

2009.04.23

どうなる小室哲哉 収監されるのか?

 1990年代を席巻し、2000年代に没落していた音楽プロジューサー小室哲哉の裁判が開催されたようです。SMAPの草なご剛の泥酔逮捕事件もあり、芸能マスコミは今日は大変忙しい。大衆の関心もあるし、いつもにもましてテンションは上がるでしょう。

 <小室哲哉被告>小声で謝罪文「音楽通し社会貢献」大阪地裁(毎日新聞)

 本人は罪を認めているので、執行猶予付きの有罪か、実刑かで争われることでしょう。

 私とまるで価値観の異なる知人は「小室もこれで一流の男になった」といいます。

 「離婚することと、倒産することと、刑務所にいることが男の一流である証」

 そうなると小室さんもこの際刑務所に入り「監獄ロック」を作曲すればよいとは思いますね。私は一流の男でもなんでもない小心な小市民。ですので、離婚も、刑務所も倒産も嫌ですし。

|

« 5月16日ー17日は夜須でヨットレース開催 | トップページ | 「自己責任社会」のまやかし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなる小室哲哉 収監されるのか?:

« 5月16日ー17日は夜須でヨットレース開催 | トップページ | 「自己責任社会」のまやかし »