« 日銀高知支店長の講演会 | トップページ | 北海道と沖縄からのお菓子が同時に到着 »

2009.06.12

底知れない金満球団の財力

 C・ロナウド(24歳)の移籍金が129億円。カカ(27歳)が92億円。この世界的大不況で巨額のオファーを出したスペインのレアル・マドリードというプロサッカーチームの財政は凄いとしか言いようがない。

 Cロナ、史上最高129億円でレアル移籍へ(サンスポ)

 いずれも20代の若いサッカー選手。昨年。一昨年と世界最高選手の称号も手に入れている。名誉もお金も差xcつカーで獲得しています。それだけサラリーを払えるレアルという球団の経営はどうなっているのでしょうか?ぜんぜんわかりません。

 レアルのライバルであるFCバロセロナは、ソシオとかいうサポーターが数万人も居て、年間チケットを購入したり、球団に寄付したり、ボランティア活動に参加したりして支えているようです。
 レアルはそんな話はあまり聞きませんし。サッカー選手に投資してどのような見返りがあるのか?サッカー発展途上国の日本からは見えないことが多いです。

|

« 日銀高知支店長の講演会 | トップページ | 北海道と沖縄からのお菓子が同時に到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 底知れない金満球団の財力:

« 日銀高知支店長の講演会 | トップページ | 北海道と沖縄からのお菓子が同時に到着 »