« 様変わりしつつある高知駅北地域 | トップページ | GMは「安楽死」すべきでしょうに »

2009.06.03

6月6日はサッカーでは「運命」の1日

 サッカーの2010年ワールドカップへの出場をかけた大一番がいよいよ6月6日に行われます。日本はウズベキスタンとの現地での1戦。ホームで引き分けている相手だけに大変です。

 この日は、オーストラリアはアウエーで、カタールと対戦します。こちらも勝てば日本同様にW杯へ行けます。

 一方大激戦のB組は大変な1日。北朝鮮ーイラン戦は大一番。イランは北朝鮮の数少ない友好国ですがサッカーでは別物。44年ぶりの本大会出場を目指しているので負けられない。イランも負けると出場が厳しいので負けられません。

 韓国はホームでUAE戦。こちらは勝ちそうです。B組を抜け出すかどうかの大事な試合です。

 スポーツナビ・サッカーアジア最終予選日程

 北朝鮮もフェアでよい試合をしています。ミサイルや核兵器などで世界を敵にまわすことより、サッカーで国威発揚をしたほうがはるかに効果があることを国の指導者はわからないのでしょうか?
 今回北朝鮮は良いチームなので残念ですね。

|

« 様変わりしつつある高知駅北地域 | トップページ | GMは「安楽死」すべきでしょうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月6日はサッカーでは「運命」の1日:

« 様変わりしつつある高知駅北地域 | トップページ | GMは「安楽死」すべきでしょうに »