« カタールをなめないほうがいい | トップページ | 自民党政治を終わらせよう »

2009.06.10

日本VSカタール戦を観戦

 すでに2010年W杯の出場権を得た日本ではあります。攻守に活躍していた長谷部が出場停止。岡田監督まで指揮を取れない事態にどう対処するのか。控えの選手は活躍できるのか。ウズベキスタン戦で出番のなかった松井選手は出るのか。決して消化試合ではありません。

 結果は1-1の引き分け。日本はホームで6万人のサポーターの前で良いパフォーマンスは見せることはできませんでした。死闘のウズベキスタン戦から中3日の試合。日本の選手の動きは鈍かったです。

 前半2分に内田からのクロスに岡崎が反応。ついていた相手DFの当たったボールが相手ゴールへ。日本先制。これからどんどん点が入るかと思いきや、カタールに押し込まれる展開に。カタールは身体能力、個人技も優れている。昔の中東のチームのようにカウンター狙いでロングボールを蹴りこんでくるチームではない。

 きちんと中盤が機能し、パスをつないで来るチーム。日本はしばしば中盤のセンターに起点をつくられ、両サイドのスペースを使われてピンチを招いていましたから。FWに決定力のあるセバスチャン(幸い出場停止)でしたか、ウルグアイ出身の決定力があるFWであれば2点は取られていたかもしれない展開でした。

 攻められ、シュートを打たれる。クリアするもほとんどセカンドボールをカタールが取る。だんだん日本のリズムが悪くなる。前半40分、ボランチの位置にいる阿部のトラップミスを相手FWに奪えわれ決定的なピンチ。なんとかしのぐ。

 悪い流れは後半も。8分にゴール前でのDF中沢が反則を取られPKに。相手に決められ1-1同点。

 ここでベンチは選手交代に。阿部を下げて松井を投入。松井を前に、中村憲をボランチに。少しボールが回りだす。興梠を玉田に、本田を中村俊輔に交代させ打開をはかりますが、得点を奪えず痛恨のドローに。日本代表の課題が出ました。同時刻行われていたオーストラリアVSバーレーンは2-0でオーストラリアが勝ちました。

 カタールは6日にオーストラリアに引き分けています。そして日本とも引き分け。決して弱くはないとは思いましたが、今までの試合結果が悪くW杯出場はなりませんでした。

 今日の試合は、遠藤と長谷部の両ボランチの存在が大きいと思いました。ゲームが落ち着くし、ウズベキスタン戦は長谷部の守備力でしのいで勝ったとつくづく思いました。

 全般的に日本選手は体の切れがありませんでした。体力とメンタル面の強化が必要でしょう。解説の木村氏が「本当にウズベキスタン戦に勝って決めていて良かった。」と何度も言っていましたがそのとうりでした。

 同時刻のB組の韓国ーサウジアラビア戦も0-0の引き分けとか。勝ち点でサウジは北朝鮮に並びました。最終戦で決着します。こちらの組はイランにもチャンスがあり最後までわかりませんね。

 今日の日本代表の試合を見る限り、本大会のリーグ戦を勝てません。阿部のミスであれば1点取られています。似たようなミスを98年大会で名波がしてアルゼンチンに0-1で負けた試合を思い出しましたし。
 
 いくら疲れていようが緩慢なミスをしてはいけない。そう思う内容の試合でした。

|

« カタールをなめないほうがいい | トップページ | 自民党政治を終わらせよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本VSカタール戦を観戦:

« カタールをなめないほうがいい | トップページ | 自民党政治を終わらせよう »