« 社会運動を再構築しよう | トップページ | 空中楼閣でのランチ »

2009.07.16

老師がマイケル・ジャクソンの動きに賛辞

  先月のマイケル・ジャクソンさんの急逝は、ふだん彼を見たことのない人たちまでもが、全盛期の彼のプロモーション・ビデオや、コンサート風景を見て感嘆しているようですね。世代的にマイケル・ジャクソンさんを知らない30代以下の世代がしきりに驚いているようです。

 わたしの深刻な腰痛を完治いただいた老師{83歳)もその1人です。

「あの動きは股関節が柔らかく、脚力が抜群にないと出来ない踊り。それを歌いながら踊る。コンサートのステージでも踊っている。とてもではないが凄い。」

「私は若い頃から柔道、合気道、太極拳をやってきた。だから動きがわかる。武芸者として修行しても高い能力がある。」とマイケル・ジャクソンさんを絶賛しています。

 やはりわかる人はわかるようですね。スーパースターはそういうもんであるとつくづく思いました。

|

« 社会運動を再構築しよう | トップページ | 空中楼閣でのランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/45641516

この記事へのトラックバック一覧です: 老師がマイケル・ジャクソンの動きに賛辞:

« 社会運動を再構築しよう | トップページ | 空中楼閣でのランチ »