« ある個人サイトの高知1区の予想 | トップページ | 地震対策は有効です »

2009.08.12

ざっとした戦争指導者たち

  NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言」を見ました。

 戦争指導者の関係者の証言テープが残されていまして、海軍指導部の無責任さ、酷さが聞いていてわあkりました。時折「やましき沈黙」と言う言葉が出てきます。おかしい。特攻作戦は100%生還できない作戦なので、作戦でないということを言い出せない。言えない雰囲気に支配されていたと。

 予備役学生を主体とした「志願」という美談で特攻作戦は戦後も言われ続け、歴史を捏造し続けた責任はt¥無責任な戦争指導部にありました。本当に情けない戦争指導者たちでした。

 また最近そのような事実を覆い隠し、反省や総括もしないまま、「集団的自衛権行使」など勇ましいことを言い立てる自民党議員(1部民主党議員)もいます。呆れますねその無責任さにも。

 決して自分たちもその子供たちも戦争へ行くはずのない特権階級の連中の妄言マスコミも同調しないでいただきたい。つくづく先の大戦の日本の戦争指導者は無能で、無責任であったと思いました。

 本当に「ざっとした」(粗悪な)戦争指導者であったと思います。今も「ざっとした」戦争を煽る人たちもおりますし。言動に惑わされないようにしないといけないですね。

 それだけに8月23日は「戦争を知らな子供たちの映画会」に参加いたしましましょう。
Hyouserunomoneiga
  8月23日上映予定の「樺太1945年夏氷雪の門」のシーンです。無能な戦争指導者たちにより、兵士だけでなく非戦闘員も多大の犠牲になりました。

|

« ある個人サイトの高知1区の予想 | トップページ | 地震対策は有効です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ざっとした戦争指導者たち:

« ある個人サイトの高知1区の予想 | トップページ | 地震対策は有効です »