« 09年よさこい祭り | トップページ | 何が得で何が損なのか? »

2009.08.10

台風が四国沖で発生とは?

  驚きました。四国沖の熱帯低気圧が台風9号になりました。勢力は小さいですが驚きです。
 台風はフィリピン付近で熱帯低気圧が台風に昇格すると教わってきたからです。 

  原因は日本近海の海水温が高く、熱帯低気圧のまま保持され、遂には台風に昇格したのでしょう。そのため想定を超える雨量があり、山間部でも都市部でも大きな被害が出ています。この大雨のおかげで、四国の水がめといわれている早明浦(さめうら)ダムの貯水率は100%に回復。香川県の人たちは安心したことでしょう。

高校野球は2日連続でノーゲームに。いずれも負けていた高知代表の高知高校は助かりました。

 自然現象はわからない、解明できないことが多いようですね。

|

« 09年よさこい祭り | トップページ | 何が得で何が損なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/45884984

この記事へのトラックバック一覧です: 台風が四国沖で発生とは?:

« 09年よさこい祭り | トップページ | 何が得で何が損なのか? »