« 市内中心街居住は流れになるか? | トップページ | 自民党は再生出切るのか? »

2009.09.28

朝青龍のガッツポーズはいいんじゃないの

  またまた9月場所で優勝した朝青龍が、決定戦で白鳳を破った後、「土俵上で」ガッツ・ポーズをしたことが、「横綱として品性に欠ける」(武蔵川理事長)として処分を示唆しているとか。馬鹿げた話ではないか。

 朝青龍の両手突き上げた行為に親方謝罪(日刊スポーツ)

 昨日の横綱同士の優勝決定戦は名勝負。本割での白鳳の圧勝は見事。決定戦は評論家(NHK・TVの解説の北の富士・舞の海ら)の白鳳びいきの白鳳有利の予想を覆し、朝青龍の優勝。見事な相撲でした。24回目の優勝は大相撲史上歴代3位。北の湖と並ぶ大記録ではありませんか。

 喜怒哀楽を土俵の上で出してもいいとは思います。対戦前の駆け引きはありです。勝負後の喜びはかまんと思います。

 長渕も朝青龍絶賛「相撲界の革命児だ」(デーリー・スポーツ)

 そんな小さなことを理事会や横綱審議会で問題にしないでほしい。それよりも大麻汚染力士問題や、新弟子をリンチ殺害した相撲部屋があることの再発防止策はどうなっているのか?それを国民に提示し、絶対に再発させないことこそ大相撲の品性なのです。それを理事会はまじめにしていない。

 むしろ今場所の連日の満員御礼は朝青龍のおかげ。一昨年朝青龍が謹慎で3場所休場していたときは、会場はガラガラ。1度も満員御礼になりませんでした。

 悪童や悪役がいてこそ大相撲は盛り上がります。朝青龍に「大相撲振興特別賞」ぐらい上げルべきでしょう。大相撲協会は。

|

« 市内中心街居住は流れになるか? | トップページ | 自民党は再生出切るのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍のガッツポーズはいいんじゃないの:

« 市内中心街居住は流れになるか? | トップページ | 自民党は再生出切るのか? »