« 充実した蓮池透氏講演会 | トップページ | ウッド・ストックから40年か »

2009.09.27

国立メディア芸術総合センターは中止

 麻生内閣末期に117億円の予算で建設が計画されていた「国立メディア芸術総合センター」は鳩山民主党政権ではどうやら建設中止になるようです。「国立漫画喫茶」などと揶揄されていました。

 しかし日本の文化・芸術で世界をリードしているマンガやアニメを新政権は「揶揄」すればばちが当たりますよ。漫画業界やアニメ業界の作成者は驚くべき低賃金で頑張っているのですから。まず待遇改善という社会基盤を整備しませんと。
Mangakoushien20052

(写真は高校生漫画甲子園の様子。課題にそって5人1組で作品を描き競います。)

 いずれ国立のメディアセンターは必要になるでしょう。できるなら「漫画王国・高知」へ誘致したいものです。高校生・漫画甲子園の伝統も伊達ではないからです。

 世界をリードしている宮崎アニメやドラゴン・ボール。ピカ・チュー。ドラえもんに鉄腕アトム。その他数えきれない漫画やアニメが世界を席巻しています。きちんと評価し、次代を担う担い手を育成する社会的しくみがなければ、その繁栄や名声も長続きはしないからです。

|

« 充実した蓮池透氏講演会 | トップページ | ウッド・ストックから40年か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立メディア芸術総合センターは中止:

« 充実した蓮池透氏講演会 | トップページ | ウッド・ストックから40年か »