« 新学期のスタート | トップページ | 県民は不満より不安を大きく感じた »

2009.09.02

40年目の現実

熟成期間がある
40年物だ。

それは熟成しているのか
年代物か。

それとも腐敗した液体か。

未だに”作品”はない。

 40年経っても なしだ。
何も生まれないのか。

 仕方ないな。

 
 社会運動に目覚めて今年は40年目。問題意識は多様化し、情報もたくさん仕入れた。経験もそれなりに積み重ねた。でも「なにも」生み出してはいない。

 他人の話や経験をひたすら傾聴し、書き取り、再現した日々。私心を捨てひたすら傾聴した。

 なかなか新しい社会思想は生まれない。

 私が生きているうちは生まれないのかもしれない。でも焦らない。

 わたしは125歳まで生きるつもりだから。まだまだ時間もある。経験もつめるから。

|

« 新学期のスタート | トップページ | 県民は不満より不安を大きく感じた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/46089724

この記事へのトラックバック一覧です: 40年目の現実:

« 新学期のスタート | トップページ | 県民は不満より不安を大きく感じた »