« 誰にもある”疾風怒涛”の時代 | トップページ | 師走第2週目のはりまや橋サロン »

2009.12.11

どうなっているのかタイガー・ウッズ

 ゴルフ界のスーパースターであるタイガー・ウッズが、「スキャンダルまみれ」になっているようです。
「愛人が11人もいた」とか、「奥さんのお母さんが駆けつけたが、ショックで倒れ入院した。」とかめちゃくちゃ。
ゴルフ界のアスリートというイメージは粉々に砕けてしまいました。

 ゴルフは精神的なスポーツだけに、来シーズンの成績に影響しなければ良いとは思います。

 
  【YouTube】タイガー・ウッズ事件のCGで脚光浴びた台湾メディア (サーチナ・ニュース)

 なんかゲームまで登場して「大人気ではないか」。どうなっているにでしょう。
 
 6月に亡くなった音楽界のスーパー・スターのマイケル・ジャクソンさん。マイケルさんも人気絶頂期の1993年頃から「児童虐待」「整形」のキャンペーンと訴訟騒ぎがあり10年以上も苦しんでいました。それだけに今回の「THIS IS IT]にかける思いがあり、映画を見てそれが本物であると思いました。

 タイガーさんもどうするのでしょう。マイケルさん亡き後、スキャンダルの帝王の後釜になったようです。

 タイガーさんを目標にしている石川遼君も、スキャンダルまで真似をしてはいけないと思います。

|

« 誰にもある”疾風怒涛”の時代 | トップページ | 師走第2週目のはりまや橋サロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなっているのかタイガー・ウッズ:

« 誰にもある”疾風怒涛”の時代 | トップページ | 師走第2週目のはりまや橋サロン »