« 徳島県各地を巡回 | トップページ | 書店は圧倒的に「坂の上の雲」 »

2009.12.04

沖縄から世界が見える

 有名どころの政治評論家や識者といわれる人たちの多くは、「日米同盟」がどうしてもベースになる。

 確かにアメリカ以外の大国を考えて見ますと中国とロシアがあります。両国とも強権的な国家であり、とても信用できる国とは思えない。粗雑な覇権国家であるように思う。消去法でアメリカが「まだまし」という理屈になります。

 しかし「もういいのではないか」とも思う。アメリカも日本に関心がないようであれば、安保条約を破棄し、平和友好条約にすれば良いのである。

 アメリカ軍がなぜ沖縄に居座り巨大な軍事基地が居座っているのか?それは日本を軍事占領することが1番の目的。2番目は朝鮮。中国、東南アジアににらみを利かすため。すべてはアメリカの覇権主義の目的のためです。

 沖縄問題とアメリカの覇権主義は結託しているのです。歴史を振り返ってみましてもペリーの黒船の時代からアメリカは沖縄に目をつけ占領し支配することを想定していました。

 二次大戦でも最大の犠牲を払い沖縄を軍事占領し、ただちに巨大な飛行場を建設しました。沖縄は米軍にとって「太平洋のキーストーン」だったのです。そして今もアメリカにとって「軍事的価値が」高いところです。

 しかしそれはあくまで「アメリカのご都合」であって沖縄の人たちには迷惑な話です。

 歴史をふりかえり「沖縄の観点」で世界を見ると、世界観がまるで変わります。音楽は沖縄出身のアーティストが活躍していることもあり、認識が高くなりましたが、あいかわらず政治的には「辺境」扱いされているのです。これではアジア共同体もなにもありません。

 鳩山首相が本気で「アジア共同体」を推進するのであれば、沖縄にその推進本部を置き、沖縄で常に会合をすべきであると思います。

|

« 徳島県各地を巡回 | トップページ | 書店は圧倒的に「坂の上の雲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄から世界が見える:

« 徳島県各地を巡回 | トップページ | 書店は圧倒的に「坂の上の雲」 »