« あたご劇場で2本映画を鑑賞しました | トップページ | 1月は4回目の夜須の海 »

2010.01.24

見習おう「坂の上の雲」のまちづくりー松山市

今年でこそ「龍馬伝」で一時的に話題になる高知市。数年前の「功名が辻」のブームは今や影も形もありません。坂本龍馬ブームも一過性のものです。

 その点松山市の中村時広市長は根が詰まっている。昔、高知シティFMにて「けんちゃんの吠えるウォッチング」(2000年4月~2003年3月迄)http://www.nc-21.co.jp/hoeru/という番組をしていました。松山市のまちづくりの堅実さをとりあげたことがありました。

 ありきたりの地方都市は滅びる(高知市政問題・2001年)

 どうなった?坂の上の雲のまちづくり (高知市政問題・2002年)

 そのなかで当時(2002年当時ですが)こう書いていました。

 少し長い引用ですが、当時の思いますと中村市長の執念と一貫性を感じます。今日のブレークは周到な「仕掛け」があればこそです。

「今日のテーマは「どうなった?坂の上の雲のまちづくり」です。このテーマ以前にも取り上げました。愛媛県松山市は人口475000人の四国一の都市です松山市長の中村時広氏は、就任以来「坂の上の雲のまちづくり」を都市政策の基本理念としてきました。司馬遼太郎氏の小説「坂の上の雲」。明治時代の松山を舞台に、正岡子規と秋山兄弟の友情が描かれています。生前司馬氏はこの小説のドラマ化、映画化は絶対にしないと言われていました。具体的に松山市の都市形成にどのような影響を与えているのでしょうか?

1)松山空港近く、重信川近くに「坊ちゃんスタジアム」が完成しました。夜間照 明もある3万人収容の野球場です。野球という言葉をベースボールから造語した正岡子規。彼の友人で松山に教師として滞在した夏目漱石のゆかりのネーミングでした。昨年はプロ野球のオールスター戦が開催されました。

2)伊予鉄道にも協力して、路面電車軌道に、道後温泉から、松山市駅まで「坊ちゃん列車」を走行させました。第一号の乗客はマラソンの高橋尚子さんと小出監督。マドンナのスタイルをして高橋尚子さんが乗られた列車は今も人気です。

3)子規堂、ロシア兵士の墓地、秋山兄弟の記念碑、道後温泉本館など松山市には、ゆかりの施設が散在しています。市長の方針は大きな箱物に記念館をこしらえないと発言しています。

* 「貧しかったけれど人々が国の未来を信じて懸命に生きた時代」「坂道を上ると苦しいけれど、大きな雲を見ると困難をやり遂げた満足感とまたやる気が出 る」そうしたメッセージを司馬遼太郎氏は日本人に送りました。

*晩年司馬氏は「この国のかたち」というエッセーと対話集で、現代日本の情けなさを警告しています。松山市は司馬遼太郎氏の精神を活かすまちどくりをしています。

* 都市自体が教育現場である。そうした気概を松山市の都市づくりから伺えます。中村市長の思いはそういうところにあるなと思いました。」(2002年)

 ひるがえって高知の浅薄さ。しょせん現在の「上士階級」の想像力、構想力のなさを現しています。

|

« あたご劇場で2本映画を鑑賞しました | トップページ | 1月は4回目の夜須の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/47319429

この記事へのトラックバック一覧です: 見習おう「坂の上の雲」のまちづくりー松山市:

» 坂本龍馬のすべて [坂本龍馬のすべて]
坂本龍馬についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010.01.27 14:50

« あたご劇場で2本映画を鑑賞しました | トップページ | 1月は4回目の夜須の海 »