« 1月9日の夜須の海 | トップページ | 身近な歴史資源と歴史の破壊 »

2010.01.10

義母の作品が溢れている

H1_r
 義母が亡くなって13年になりました。昨年13回忌をしました。物静かで、温厚な気質であった義母。家内や子どもたちとお訪ねしたときは喜んでくれました。

 近くのおそば屋さんでお鍋で沖縄そばを買ってきてくれました。

 義母は紙粘土で人形をいくつか作成していました。教室に通ってされていたそうです。お元気だった頃、下の子どもが幼児でしたが、一緒に紙粘土で「作品」づくりをしていました。
H2_r
H3_r
 狭い自宅ですが、いたるところに義母の「作品」が置いてあります。
H5_r
 しろうととは思えない作品です。細かい作業も器用にされています。
H4_r

 わたしにはこの種のアートな感覚はありません。家内も全然ないようですし。隔世遺伝で下の子供に受け継がれたのかもしれませんね。
H6_r

|

« 1月9日の夜須の海 | トップページ | 身近な歴史資源と歴史の破壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/47164075

この記事へのトラックバック一覧です: 義母の作品が溢れている:

« 1月9日の夜須の海 | トップページ | 身近な歴史資源と歴史の破壊 »