« 寂しい高知の野球キャンプ | トップページ | イラン革命から31年目 »

2010.02.21

失語症会話パートナー養成講座を受講

To0ubus_r

 今日は朝から高知市東部健康福祉センターにて開催された「失語症会話パートナー養成講座」(高知言語聴覚士会主催)を受講しました。医療や介護の専門職を対象とした講座のようで、全然その分野に素養のない私には理解出来るのか不安でした。
Situgosyou1_r

 90歳の父は一昨年、昨年と倒れ救急車で搬送され入院。幸い身体麻痺はありませんが、言葉が不自由になりました。毎日悔しい想いをして発声の練習をしています。それがなんとかできないか。専門家の意見を聞いてみよう。どういう措置をとるのか覗いてみよう。そういう気持ちで参加しました。

 講座は朝の10時から午後の4時まででした。結構ハードでした。
Situgosyoutext_r


参加された人達は、介護職、医療関係者などの専門分野の人達がほとんどでした。わたしは家族が失語症ということで参加しました。

 講義の内容はとてもわかりやすかったです。

 失語症は口が麻痺しているわけではない。耳が聞こえないということではない。脳の損傷で起こるものです。障害はいろいろあります。

「換語困難」 会話は難しい。

「錯誤」 意味が近い言葉をいう。取り違えしやすい。

「字性錯誤」 とっさにわかりにくい。

「迂回表現」 直接言葉で表現出きないので、周りの状況を説明している。

「ジャーゴン」 日本語にならない言葉を言い続ける。

「残語」 言葉の少ない人。

 失語症の症状は多様であり、各人各様です。障害の特長を知ることが大事であります。失語症の人達は知的機能は低下していません。言語機能だけが「劣化」しているだけです。社会的礼節は接するほうがしないといけない。「上から目線」や、「幼児言葉は」いけないとか。

 表意文字の漢字熟語は理解できるが、表音文字のかな文字は苦手である。

 言葉で伝達できる情報は実は35%。65&は言葉以外の情報です。それを上手く活用して、失語症の人達とうまくコミュニケーションをとる必要性があります。


 そのためには、

1)短く、ポイントを絞って話す。

2)先回りをしないで、しばらく待つ。

3)話題を急に変えない。(ついていけない場合が多い。)

4)はい、いいえで答えるで質問。

5)用意された答えの中から選んでもらう。
 

|

« 寂しい高知の野球キャンプ | トップページ | イラン革命から31年目 »

コメント

 mikanさんコメントありがとうございました。右も左もわからない私に対し、スタッフの皆様は大変親切にご指導いただきました。

 通院の必要がなくなってから、どうして良いのかわからない状態でした。仕事忙しい年齢ですし。

 お陰さまでどうすれば良いのか方向性が見えてきました。

 今後ともよろしくご指導をお願いします。

投稿: けんちゃん | 2010.03.30 12:35

「会話パートナー」へのコメントありがとうございます。
内容も詳しく分かりますし、なにより受講者の感想が入っているので貴重です。多くのSTが読んでくれるとよいのですが。

投稿: mikan | 2010.03.30 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/47621755

この記事へのトラックバック一覧です: 失語症会話パートナー養成講座を受講:

« 寂しい高知の野球キャンプ | トップページ | イラン革命から31年目 »