« 残念な「悪者」朝青龍の引退 | トップページ | 言論の自由は記者クラブとメディアミックスの排除から »

2010.02.05

東洋町はエコビレッジを目指している

 東洋町長の沢山保太郎さんは、ご自身のブログで「エコビレッジを目指す」と明言されています。ここまではっきり町政運営で環境政策を軸にした地域政治のリーダーは日本にはいないと思います。

 町政報告(News & letters 東洋町長日誌)

 沢山保太郎さんは超多忙な町政運営のさなか、ご自身の個人ブログは自分で文章を作成し、更新されています。私などと違い「てにおは」がしっかりしています。知的な文章を書かれています。

 長い引用ですが、「町政報告」(2010年1月14日 掲載)からこう書かれていましたので、参考にしてください。

エコ・ビリッジを目指して

現在私たちが暮らしてきた地球の生態系は大きく危険にされされています。
1つは、二酸化炭素などの過剰な排出による地球環境の温暖化現象であり、いまひとつは原子力産業や核兵器の生産・実験による放射能汚染の拡散であります。
二酸化炭素などの排出については、民主党政権に替わってから日本政府もようやく本腰を入れてその削減に取りかかろうとしていますが、世界全体では加速度的に悪い方向に進んでいます。南極や北極、高山の根雪が大規模に融解し、水面が高くなり海水が膨張したりして、異常気象で人類の生活も脅かされつつあります。

原子力産業については、旧ソ連のチェルノブイリ、アメリカのスリーマイル島の大事故から記憶が薄れていっているのか、再び無謀な原発の建設が世界各国で始まっています。
しかし、東洋町民の英雄的な闘いに見るように、核廃棄物の地下埋設の冒険的事業は頓挫し、原子力産業の発展の行く手は世界的な人民の良識によって押しとどめられています。
温暖化については、東洋町も今やっとその対策に乗り出しつつあります。

温暖化対策としては、石油石炭など化石エネルギーをやめ、風力や太陽光、そして木材を使う木質バイオマスのきれいなエネルギー資源に転換することが急務であります。
東洋町では風況調査では風力発電には適地ではなく、さりとて大規模な太陽光発電はとても資金がありません。木質バイオ(薪炭)であれば、豊富な山林があり、しかもその多くが利用されず、放置されていますから、これからの東洋町のエネルギー源としては極めて有望であります。

木質バイオマスをエネルギー源にしよう

薪(チップ状、又はペレット状)を使ってボイラーを湧かし、その熱を利用して風呂の湯や、温床ハウス、住居の暖房に使っていくことが出来ます。
また、東洋町では、昨年からアブラギリという木を植え始めました。樹木の種から油を取るという計画で、町有林などに何万何十万本というアブラギリを植樹する計画です。
これで取れた油で自動車や船の燃料がまかなえます。

材木や植物油を利用してタービンを回し発電することも可能です。
東洋町は、すでに生ゴミを乾燥して堆肥にするのに石油に頼らず、薪炊きの釜で行っています。今度、白浜につくる温浴施設(自然休養村)も出来る限り木質のエネルギーを使うように工夫しているところです。環境を汚さないと言うことと経費節約の効果を追求しています。これからの東洋町は化石燃料に頼らず、住民が、環境にやさしいきれいなエネルギーで生活するというエコ・ビリッジ(エコの村)を目指してまいります。(引用終わり)

 自治体の現場で実践しているところが凄いです。

Kodomo1_r

 東洋町は森林資源の活用も常に意識されています。

|

« 残念な「悪者」朝青龍の引退 | トップページ | 言論の自由は記者クラブとメディアミックスの排除から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町はエコビレッジを目指している:

« 残念な「悪者」朝青龍の引退 | トップページ | 言論の自由は記者クラブとメディアミックスの排除から »