« 次期日本代表監督はストイコビッチ氏に | トップページ | 空き地、空き店舗が目立つ高知市 »

2010.03.07

やはりトヨタの思い上がりが原因

 アメリカ議会での「公聴会」は終りましたが、日本から駆けつけた豊田社長の弁明にもかかわらず、「クレーマー大国」アメリカのトヨタ叩きは収まりません。11月の下院の選挙まで引っ張られることでしょう。

 愛知県豊田市は、江戸時代には挙母藩内藤氏2万石の城下町であった。1951年、挙母市(ころもし)として市制を敷いたが、1959年1月1日をもって豊田市に改名された。(ウキペディア)より。

 市当局からの申上入れがあったとはいえ、社名のトヨタと「豊田市」とするのは辞退すべきであったと思います。なお、日本の市で、明確に私的団体に由来する市名を持つのは、この豊田市と宗教都市である奈良県天理市だそうです。それも異例。

 同様の申し入れは鈴鹿市にあるホンダにもあったそうです。創業者の本田宗一郎氏は固辞し、自分の身内も会社に入社させなかったと聞いています。その謙虚さがトヨタとは異なっているようです。

 ここへ来てトヨタの傲慢さが目立ちます。

 このままであればトヨタは地上から消えることでしょう。

|

« 次期日本代表監督はストイコビッチ氏に | トップページ | 空き地、空き店舗が目立つ高知市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはりトヨタの思い上がりが原因:

« 次期日本代表監督はストイコビッチ氏に | トップページ | 空き地、空き店舗が目立つ高知市 »