« 余裕のある雑誌「考える人」 | トップページ | 映画「ポチの告白」は13日あたご劇場にて »

2010.03.09

よくわからないアカデミー賞選考基準

  今年のアカデミー賞は「ハート・ロッカー」が受賞しました。話題の3D大作の「アバター」は受賞できませんでした。ドキュメンタリー賞に日本伝統のイルカ漁を批判した作品が受賞しているようです。これもよくわかりません。

 「THIS IS IT]が全くなんの賞も得られないと言うのもおかしいし、どうなっているのでしょうか?

 なんだか野球の「ワールド・シリーズ」と同じで、相変わらずアメリカ中心主義の権化ではないのでしょうか?

 映画といえばインドやイラン、韓国などが力をいれております。もっと大きな視点からの映画を見直す必要性がありますね。高知で言えばハゲタカ・イオンのシネコンでしか見れない映画だけがアカデミー賞の対象というのもおかしいし。

 今週末にあたご劇場で上映予定の「ポチの告白」という映画などは、現状ではアカデミー賞の対象にはならないようです・これもおかしいと思う。

|

« 余裕のある雑誌「考える人」 | トップページ | 映画「ポチの告白」は13日あたご劇場にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくわからないアカデミー賞選考基準:

« 余裕のある雑誌「考える人」 | トップページ | 映画「ポチの告白」は13日あたご劇場にて »