« 空き地、空き店舗が目立つ高知市 | トップページ | 自民党に偉そうなことが言える筈がないだろうに »

2010.03.08

あこがれの老年時代?

Kangaeruhitohon


 読書家の友人に「考える人」という季刊の雑誌(新潮社)を借りてきました。売価も高級で1400円もします。なかなかのもの。
 そのなかに「あこがれの老年時代」という記事がありました。

 「光陰矢のごとし)と言いますが、私は昨日高校生であったと思っていたのに、いまや「立派な中高年親父」に。次に気がついたら80歳を過ぎた高齢者であることでしょう。

 仏教では「生老病死」と言うらしいのですが、人は生まれ、病気もし、老化し、やがて死を迎える。これは皆平等。いくら財産のある人でも死は免れない。生きている間は一瞬で、死後の時間が遥かに長い。

 雑誌の中に「人は死を迎えるときに、つながりを確認できたら、安心してあの世に旅立てる。」とのこと。そのような達観したことも書いていました。さすがに高齢者の知恵であります。

Arounenzidai_r
 写真はその雑誌から。クルーザー・ヨットに乗船しているのは、池田武那氏(建築家・85歳)。母と同年輩。二次大戦中に戦艦大和の護衛駆逐艦が撃沈され救助され、大村湾に上陸。戦後は建築家で世に出たが、縁があり同じ大村湾のハウステンボスの会長に。

 セーリングは今でも現役で奥様と2人でされておられるとか。格好良い高齢者の1人ですね。

 自転車に乗っている人は、木滑良久氏(マガジンハウス最高顧問・79歳)。ポパイの創刊時にはローラースケートで乗り編集委員を驚かす。平凡パンチの編集長を経て、ポパイ、ブルータス、オリーブ、ハナコを創刊された人です。

 「これから本気を出すなんて思っていたら大間違いだ。走り出した時がピークなんだから。」(P36)なんて言う言葉も格好がいい。

 医師の大井玄氏(75歳)は、味のあることを言われています。
「一人で生まれても、一人では還れない。」

「われわれは死んで行くときに、つながりの感覚を持ちたいのです。祖先とつながるのでも、子孫とつながるのでもいい。」(P46)

 なかなか考えさせられる雑誌でありました。

|

« 空き地、空き店舗が目立つ高知市 | トップページ | 自民党に偉そうなことが言える筈がないだろうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/47652306

この記事へのトラックバック一覧です: あこがれの老年時代?:

« 空き地、空き店舗が目立つ高知市 | トップページ | 自民党に偉そうなことが言える筈がないだろうに »