« 了見が狭ければ広がりはない | トップページ | もうすぐ春本番ー高知市 »

2010.03.20

「みんなの党」っておかしくないのか?

Minnanotou_r


 今朝喫茶店でスポーツ新聞を読んでいますと「みんなの党」が取り上げられている。そのなかで候補者に北野大氏を担ごうとしているらしい。北野氏はタレント活動が多忙であり、現実的には無理。

 またこの北野大氏。高レベル放射性廃棄物の地層処分を進めようとしている原子力発電環境保全機構の講師として、「原子力発電は地球環境に優しい。二酸化炭素を出さないから。)と主張されていました。

 放射性廃棄物と地層処分講演会ー高松

 確かに原子力発電は「発電時に限って二酸化炭素を出しません。」。しかし建設時には莫大なエネルギーを費やしますし、ウラン燃料も外国から調達しないといけない。一番問題なのは大量に発生する放射性廃棄物の問題。特に高レベル放射性廃棄物については処分方法すら確定していません。

 講演を聞く限りでは北野大氏は無責任なタレント学者としか思えません。

 そんな北野大氏を話題にするような「みんなの党」もなんだか期待はずれのように思えますね。

|

« 了見が狭ければ広がりはない | トップページ | もうすぐ春本番ー高知市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなの党」っておかしくないのか?:

« 了見が狭ければ広がりはない | トップページ | もうすぐ春本番ー高知市 »