« 自民党に偉そうなことが言える筈がないだろうに | トップページ | 余裕のある雑誌「考える人」 »

2010.03.08

アメリカは何故沖縄に執着するのか?

  アメリカはここへきて、より一層、沖縄での米軍基地維持に執着し、日本になにかと圧力をかけているようです。それはなぜなのでしょうか?

 日米同盟を破壊する2つの最悪シナリオ 元大統領補佐官が普天間基地問題で警告!(ダイヤモンド)

 アメリカ本国では「普天間問題」など問題になってはいないし、関心も低いと思う。普天間問題で日米関係がどうにかなつろいうのは、虚言であろう。それほど脆くはない。しかし「対米追随論者」の皆様はそうは考えないらしい。

 普天間問題 自民・大島氏「未解決なら退陣を」(yahooニュース・琉球新報)

 「宗主国」の意向を気遣う対米従属政党らしい見解ではないか。アメリカの覇権のために沖縄の人達がこれ以上我慢することはないのですから。
Kadenakiti


|

« 自民党に偉そうなことが言える筈がないだろうに | トップページ | 余裕のある雑誌「考える人」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは何故沖縄に執着するのか?:

« 自民党に偉そうなことが言える筈がないだろうに | トップページ | 余裕のある雑誌「考える人」 »