« ”ねずみ男”舛添要一氏のたくらみとは? | トップページ | 今頃「消化試合」でどうする! »

2010.03.03

冷蔵庫転倒防止対策

  1月のハイチ地震を挟んで、昨年末中宝永町自主防災会での「家具転倒防止対策講習会」に出ていましので、冷蔵庫転倒防止対策をすることにしました。2月末にはチリの大地震もありました。他人事ではありません。

 講師のホームセンターのひとに講習会後に相談。冷蔵庫の上部の寸法を測りました。そして講習会で話題になった壁裏柱探知機82200円)を購入。石膏ボード裏の柱を発見し、印をつけました。そして板とボルトを使用して冷蔵庫を壁に固定することにしました。(ホームセンター側に図面を書いてもらいました。)
Reizoukozumen

 ビスや金具、木材など合わせて4500円程度かかりました。壁裏探知機(下地センサー)とあわせて6700円程度かかりました。これでも万全とは思いませんが、少なくても冷蔵庫が凶器となって、地震時「空を飛ぶ」ことは少なくともなくなったとは思います。 

 石膏ボードの壁の後ろの柱を探知するために「下地センサー」という便利グッズを購入しました。写真はベニヤ板の壁ですが、柱を見つけるとランプがつき、知らせます。何度も別の角度からも探索を行い、柱の位置を慎重に探します。
Kabetantiki2_r


Reizouko1_r


Reizouko2_r

(昼休みに、壁面に穴を開け、5ミリで6センチの長さのネジで冷蔵庫と壁を固定しました。万全ではないでしょうが、地震時に冷蔵庫がいきなり倒れるとか、飛んでいくことはないでしょう。つっかえ棒は昔購入していたもの。こちらはあまり役にはたたないでしょう。置く場所がないから置いているだけです。)

 今年になってからハイチ・チリと相次いで大地震が続きました。南海地震も30年以内に60%に確立で起こるとされています。自分の身は自分で守ることが必要です。ハイチやチリの現実は他人事ではありません。

|

« ”ねずみ男”舛添要一氏のたくらみとは? | トップページ | 今頃「消化試合」でどうする! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/47698618

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫転倒防止対策:

« ”ねずみ男”舛添要一氏のたくらみとは? | トップページ | 今頃「消化試合」でどうする! »