« 心配なモスクワの爆弾テロ | トップページ | トレー回収ーリサイクルのまやかし »

2010.03.30

お花見遊覧船はバリヤフリー

 3月30日に急遽お花見遊覧船に乗船することに。実はOPEN HEART宇賀恵子さん達のご家族4組が乗船予定で、午後2時から3時までと聞いていました。先週の金曜日の26日に、宇賀恵子さんとお花見遊覧船船長の西沢武さん、と3人で寒いなか打ち合わせもしました。

Bariyadarake_r


(堀川の桟橋は「バリヤだらけ」です。

 堀川は事務所から近所(自転車で5分)です。全然桟橋は「バリヤフリーではない」のです。道路から石段を上がり、更に桟橋の階段もしくはスロープ(急勾配の)を下りるしか車椅子は乗船できません。お花見遊覧船への乗船・下船時もサポートがいるので、なんとか仕事をやりくりして、お手伝いに行きました。

 乗船時、下船時のサポートをすればいいと思っていましたら、宇賀恵子さんが「2家族体調が悪くて欠席しました。けんちゃんも乗船してください。」とのことでしたので、船の中でのサポーターも必要だろうと言うことで急遽乗船させていただきました。

 OPEN HEARTの顧問でもある笹岡和泉さんも仕事をやりくりして駆けつけていました。そして乗船しました。

 車から子どもたちが降りて、石段を上り、下りのスロープは浮き桟橋が潮が引いているために急勾配になっていた。)T子さんの車椅子を支えながら降りました。浮き桟橋も継ぎ目が盛り上がっていて平ではありません。

 その様子は自分が身体介助をしていましたので、写真はありません。お花見遊覧船へ乗船時も介助し、船の先頭部にマットを敷いて座って乗船しました。T子さんとT君、そのご家族とOPEN HEARTのメンバーと笹岡和泉さんと私と乗船しました。
O1_r

 いよいよ出発です。乗り込んだOPEN HEARTの子どもたちやお母さんたちも楽しそうです。(岸辺では宴会をしているグループがありました。)
Ohanamienkai_r
Ohanamiu_r

 堀川の桜も5部咲きと言うところでしょうか。日曜日(26日)に、きらりに乗船した家内達の状況と寒さのせいか変化はしておりません

 中之島マンション付近の桜は満開ですがまだ一部です。
Nisizawa_r
 (お花見遊覧船船長は西沢武さんです。乗船時や下船時には、サポートしていただきました。爽やかな「海の男」です。)
Izumiuga_r
(笹岡和泉さんと宇賀恵子さんも楽しそうです。)

Kagamikawaoohashisita_r

 鏡川大橋の橋桁下をくぐり抜けます。こうした経験はなかなかできません。
Horikawasuimon_r

 堀川水門も通過します。

 若松町と中之島の石油施設を横目にお花見遊覧船は堀川から浦戸湾へ向かいます。
Horikawa_r

 丸山台です。明治時代は今より大きくな島、得月楼の支店があったとか。明治時代に欧洲視察から帰国した板垣退助を歓迎するための大宴会がこの丸山台でおこなわれたと言われています。(前方の小さい島が丸山台)
Tamashima_r
 こちらは高知城にある「板垣退助」の像。土佐藩の上士出身。戊辰戦争で軍事的才能を発揮。政府の一翼を担うも征韓論で下野。そのうち自由党を結成。自由民権運動のリーダーとしてかつぎ上げられる。しかし最終的には市民を裏切り政府の一員で、閣僚になりそのおり欧州視察をしました。その帰国を祝い大勢の土佐人が歓迎したとか。単に飲みたいがための口実ではなかったのでしょうか?
Itagakitaisuke_r


 弘化台(こうかだい)の高知市中央卸売市場。魚の市場です。
Koukadai_r

 高知港付近まで周遊してお花見遊覧船は帰路につきます。
Sansantv_r

 帰りは皆さん船にも慣れ、リラックスムードです。ココアとクッキーでおやつをご馳走になりました。海でのクルーディングには格別でした。
Oyatu2_r

 桟橋は「バリヤ」だらけでした。車椅子対応は全くされておりません。高知県庁土木部の港湾課もしくは高知河口事務所は早急にバリヤフリーの対策をすべきでしょう。 
Stoire_r
 幸いトイレは中之島公園に車椅子用トイレがありました。

Ohanamiusaki_r
 お花見遊覧船を降りますと次のグループが乗船していました。

 お花見遊覧船については  ホームページ 参考  http://www.sakurabune.com/hanami2010/

 予約状況は 電話 088-803-8732  です。

 乗船料は  大人1000円 子供500円です。

 
 *4月4日までの限定ですのでご注意ください。

|

« 心配なモスクワの爆弾テロ | トップページ | トレー回収ーリサイクルのまやかし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/47950877

この記事へのトラックバック一覧です: お花見遊覧船はバリヤフリー:

« 心配なモスクワの爆弾テロ | トップページ | トレー回収ーリサイクルのまやかし »