« 検察裏金問題を告発した元検事三井環氏のインタビュー | トップページ | 史実とは異なっても面白い”龍馬伝” »

2010.05.21

個人献金だけで政治活動は出来るのか?

 「政治と金」の問題が起こる度に、「企業や団体からの政治献金禁止」が出てきます。しかし何故か実行される気配がない。どの政党も本気度がない。

 例外は日本共産党。企業や団体からの政治献金は受け取ってはいない。しかも政党交付金も拒否しています。それはそれで凄い。しかし党員は大変。機関誌や出版物を知人に売り込み,売れないだろうから自分が抱え込む。党費も払い,選挙も大変。日常活動に汲々としているので,党員以外の支持を広げる余裕はない。

 わたしの所得からすると政治献金は月額5000円が限度,年間6万円です。それを支持政党に個人献金する。政党はそうした「個人献金と政党交付金だけで運営」することを法律で決めれば良いことではないのか。

 それが「政治資金規正法」にすれば良いのです。共産党のように政党交付金を拒否するのではなく、領収書は1円から義務付け,公開を義務付けることです。それで政治腐敗は防止出来ると思います。

 小沢一郎民主党幹事長は自らの幹事長辞任と引換に、上の趣旨の「政治資金規正法改正案」を国会に提出し,成立させれば,劇的に政治は変わります。

 そうなれば個人献金と政党助成金だけで「クリーンな政治」が実現すると思います。

|

« 検察裏金問題を告発した元検事三井環氏のインタビュー | トップページ | 史実とは異なっても面白い”龍馬伝” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/48287824

この記事へのトラックバック一覧です: 個人献金だけで政治活動は出来るのか?:

« 検察裏金問題を告発した元検事三井環氏のインタビュー | トップページ | 史実とは異なっても面白い”龍馬伝” »