« 仙石官房長官はなかなかハードな人 | トップページ | 徳島県へ行っておりました »

2010.06.09

羨ましい子供手当て


ブログネタ: 「子ども手当」 率直に言ってどう?参加数拍手

 我が家はすでに子供たちは成人し,学校も卒業しているので、「子供手当」とは無縁な世代です。子育て真っ最中の世代にとっては、とっても良い手当ではないかと思いますね。

 先日知り合いの人に聞きました。2人の子どもが小学生。4月,5月分が6月15日に振込まれるそうで,その金額は52000円!。結構大きな金額ではないか。

 子どもが乳幼児の場合なら、おむつや、チャイルドシートなど必要部品を購入するでしょう。小学生なら塾の費用とかそれへの補助はありがたいと思いますね。

 テレビで見ていますと「家族旅行をします。」「テーマパークへ行きます。」「子供たちに服を買います」という発言もありました。羨ましいと思いました。自分らでもそうしただろうと思います。

 ましてウチの場合は,家内が沖縄出身でしたので、お盆とお正月の里帰りには、航空運賃の割引がないので、家族1人で6万円かかりますので。その費用に大部分があてられることでしょうが・・

 「バラマキだ!」「さきのことはわからない。」「将来のつけが怖い。増税になるのでは。」という意見もあります。
国民に直接ばらまきするのでは、えいとは思いますね。従来の政府のバラマキは「公共事業」や「業界団体」へのばらまきであり、国民には直接関係がなく,恩恵もありませんでした。

 今ある国の借金の多くは、最近の政府の「事業仕分け」で明らかになったように、業界団体への「バラマキ」を多くしすぎたからです。八ッ場ダムなんかもその象徴の1つです。

 麻生首相の時にも、なんか交付金をいただいたこともありましたが、名前すら忘れました。「子ども手当」は毎月いただけるのですから、これは大きいです。これで消費が拡大し,こどもをつくりたいと言う人が増えたらえいことやと思いますね。

 デフレ対策には「お札を刷ってばらまいたらいい」という経済学者もいます。そうであるならば,全国民に1人10万円程度,毎年ばらまいていただきたいもの。商店街や百貨店は11万円分の商品券をこしらえ売ればいいのです。

 デジタル・テレビを100%普及する手立てにもなるでしょう。

 将来の増税うんぬんはその後国民的な議論をして,方法手段を決めればいいのです。

|

« 仙石官房長官はなかなかハードな人 | トップページ | 徳島県へ行っておりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羨ましい子供手当て:

« 仙石官房長官はなかなかハードな人 | トップページ | 徳島県へ行っておりました »