« 「日本の夜と霧」を鑑賞 | トップページ | 本命は菅直人氏か? »

2010.06.03

沖縄基地議論は沖縄の人たちの意見に傾聴すべき

 米軍普天間基地問題は「迷走」した結果、「元の木阿弥」の自民党時代の「辺野古移設」案に戻り、鳩山首相は大変なバッシングを各界から受けています。

 しかし日本の「安全保障を一身に受けていた」沖縄の人たちの問題を、全国民の茶の間や酒席の話題に提供した「功績」は鳩山首相にあると思います。解決策はともかくとして。

 同じ意見をブログを通じて交流している「川越だより」のケイスケさんも書かれていました。

 それでも民主党政権を支持する 

 こうケイスケさんは書かれています。(ブログからの引用です)

 「今日で5月が終わりです。沖縄の基地問題に関わる日米共同声明や政府方針の決定で鳩山内閣は窮地に立たされています。

 それはそれで当然のことですが、それでも僕は民主党を中心とした政権が今しばらくは続くことを望みます。

 無駄なダムの建設中止という一点をとっただけでも政権交代の意味は大きく今しばらくの時間をかけて実現させなければなりません。たとえば、八ッ場ダム。

 霞ヶ関と自民党の旧勢力の牙城、検察と司法のやりたい放題を追求し、責任をとらせることは特に重要です。またこれらと一体になったマスコミの特権剥奪。

 民主党にどこまでやる気があるのか、疑問も感じますが、後押しして何とかしなければ、旧勢力がますますのさばってくるでしょう。

 これだけの食言をしたのですから鳩山さんは辞めるほかはありません。民主党は態勢を一新して再挑戦をすべきです。」(引用終り

 また記事の中で以下のブログ記事を紹介されています。一読してもっともだと思いました。

  「高野論説」普天間問題が「元に戻った」というのは本当か?
── これから始まる本質的な議論

 http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/05/post_578.html

 沖縄の人の意見といえば、元沖縄県知事大田昌秀さんの主張に傾聴すべきです。
これも5月31日の地元紙(おそらく全国の地方紙に掲載されたと思われます)への太田氏の寄稿文が特筆されます。
Ootamotitizi

(クリックすれば画像は少しは拡大します。)

 「普天間問題と沖縄」という文章。見出しには「押し付けは差別」と表記されています。
 
 以下の言葉は、無責任極まりない談合記者クラブ」マスコミや、お気楽な政治評論家(それらは自民党時代に官房機密費をたんまり貰っていることでしょう。)に対して太田氏はこう言います。以下記事より引用します。

「本土の軍事評論家や政治学者は安全な場所にいて、日米安全保障が国民の生活を守り国益にかなうとか、アジア太平洋地域の安定を維持するために不可欠などと声高に論じながら、自らは日米安保から派生する責任や負担を一切引き受けようとしない。」

「日米安保によって、基地を過重に負担されている所では、人々の生命・財産が守られるどころか、日常的に生命の危険にさらされており、人間の受容の限界を超える爆音とで未熟児や難聴児が生まれるなど、人体への明白な悪影響が生じている。

 憲法に保障されている平和的生存権など享受できようはずがないのだ。」(引用終わり)

 そして太田氏は解決策を提案しています。(引用はじめ)

「普天間基地問題の最善の解決策は、米軍が02年頃から着々と推進している再編絡みの「グアム統合軍事開発計画」に沿って、グアムや北マリアナ諸島、とりわけテニアンなどの強い要望に沿って、インフラの整備に協力していくことである。

 政府が本気で正面から取り組芽ば、安保条約の軍事面で役立つだけでなく、国内の政治的難問も氷解するに違いない。」(引用終り)

|

« 「日本の夜と霧」を鑑賞 | トップページ | 本命は菅直人氏か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄基地議論は沖縄の人たちの意見に傾聴すべき:

« 「日本の夜と霧」を鑑賞 | トップページ | 本命は菅直人氏か? »