« 大国の”谷間”でしぶとく稼ごう | トップページ | 羨ましい子供手当て »

2010.06.09

仙石官房長官はなかなかハードな人

  昨日正式に菅直人内閣が正式に発足しました。内閣の要の官房長官は仙石由人氏。なかなか個性豊かな人です。1度だけ目撃したことがありました。2003年の高知県知事選挙の時でした。

 参考記事「ヤ・シーと老練政治家、壮士との共演街頭ライブがありました。」

Sengoku1

 2003年当時の政治状況はどうだったんでしょうか?写真の中央が仙石さん。向かって左側が田中康夫さん(当時長野県知事),右側は平野貞夫さん(当時自由党の参議院議員)。現在は皆民主党関係者になっています。

 聞いた演説もなかなか力がいっていました。「徳島で官僚出身の中央省庁のリモコン知事が、3月に当選しました。しかしその後、徳島県で1位と2位の大手ゼネコンがあいついで倒産しました。関係ないのですね。」とずばり核心をつく演説をしました。

 当時は徳島県は吉野川可動堰問題で揺れていました。小泉内閣の全盛期でしたが、徳島では市民運動が盛んであり、住民投票で中止が決定しました。その運動の担い手の多くが仙石氏を支持していました。小選挙区でも選挙に強い人でした。

 高知ではいつも五島正則さん(引退。現民主党高知県連顧問)が小選挙区で惜敗し、比例区で復活当選していました。それも「仙石のおかげだ。」と言っておったことを思い出します。地元徳島では人気のある人のようです。

 菅首相も、「普天間基地問題は仙石官房長官がまとめる」と総理記者会見でも言われていました。そういう期待される人物なんでしょう。どうなるのか見ものです。
 

|

« 大国の”谷間”でしぶとく稼ごう | トップページ | 羨ましい子供手当て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙石官房長官はなかなかハードな人:

« 大国の”谷間”でしぶとく稼ごう | トップページ | 羨ましい子供手当て »