« 厳しいスポーツクラブの経営 | トップページ | 竜馬が,竜馬に成るのは長崎ー京都 »

2010.07.27

宮崎駿監督をどう評価するのが正しいのか

Sgendai807hyoushi

 今週の野良犬メディアである週刊現代8月7日号。54Pには「村上春樹と並ぶ国民作家 スタジオジブリ 宮崎駿監督をどう評価するのが正しいのか」がありました。

 批判記事やよいしょ記事が多い野良犬メディアですが、そのどちらでもない。

「平成に入り,円高デフレでモノが溢れ,仕事が単純化し,風景が均質化,社会全体が100円ショップの店内のようになってきた。

 いわば「モノ、仕事,風景」3つの均質化の時代です。そのなかで,宮崎監督は身近なモノに執着し,道具をすごく丁寧に描き,仕事や風景も同様に細かく描く。

 そうやって均質化していく社会で失われていくものを補うことで、ファンのニーズに応えていったんです。」(P65)
Miyazaki1_r


 確かに社会的に影響力のある人の1人であるのは間違いない。

 今年は「借りぐらしのアリエッイ」もヒット中。米林監督は弟子のような人。宮崎氏も69歳になり,後継者も育成しないといけない。ディズニー社も、ウォルト・ディニー亡き後も存続するしくみを構築している。ジブリはその点どうなるのか気になる。

 7月は日本テレビ系の「金曜ロードショー」で,スタジオ・ジブリ作品が上映されました。「紅の豚」「おもいでぼろぼろ」「ハウルの動く城」「となりのトトロ」と4週連続でした。

 評価するにしろ,批判するにしろ,一筋縄でいかないタフな人物なのでしょう。
Sgendai2miyazaki

参考ブログ記事「魔女の宅急便”絵コンテ”集

 Ekonte


 とにかく作業が細かい。絵コンテは何百ページにもなり,宮崎駿氏が1人で描いています。そのシナリオどうりに絵が描かれ、アニメになっていくようです。

|

« 厳しいスポーツクラブの経営 | トップページ | 竜馬が,竜馬に成るのは長崎ー京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎駿監督をどう評価するのが正しいのか:

« 厳しいスポーツクラブの経営 | トップページ | 竜馬が,竜馬に成るのは長崎ー京都 »