« 横浜球団はどうなるのか? | トップページ | 映画「雄呂血」を鑑賞しました »

2010.10.17

掲載された投稿と”没”の投稿

Shinsuiyosouzu2


(高知新聞10月15日朝刊30面に掲載された南海地震後の高知市の浸水地域)

 どうしても画面が不鮮明です。近いうちに原本のコピーをを高知県庁をいただけるのであればもらってきます。

 先日の個人ブログでは「”没”になった高知新聞声・ひろばの投稿文」という記事を書いていました。

 「没」になるのはいつものことなので、それほど気にはしません。しかし今朝の高知新聞には、県立図書館と高知市民図書館の「合築」による検討委員会の様子が詳細に掲載されていました。
Kouchinews1017

 さして「緊急性のない」公共事業ですが、まるで「事業ありき」の県庁と市役所の姿勢です。呆れ果てます。

 ”没”になった投稿文章とさして内容は変化していませんが、今回は「何故か」掲載されました。審査基準がわかりません。たぶん「ブログなどに投稿していなかった。」「高知県庁・知事を厳しく批判しなかった」からなのでしょう。

 今日(10月17日)に掲載されました。


 安全はすべてに優先する

15日の本紙朝刊30面は「南海地震高知市の長期浸水「被害予測 これが「詳細版」とした、高知市の浸水予想図が表示されています。

 高知県庁作成の「浸水予想図」の拡大版、新聞社独自の予想図の作成でした。わたしの住んでいる二葉町は2~5メールの水没地域です。地震が来れば海底に沈む地域です。
 高知市議会も、高知県議会も「県・市図書館を合築する」だの「新しい歴史博物館を建築する」「ポスト龍馬博の会場建築」「高知市営球場の夜間施設」など、公共事業優先の大盤振る舞い。
 知事も、市長も県議も市議も来年が改選期なので、
「一緒に業績」を上げたい、「ハコモノ」をこしらえたいのでしょう。

 しかし「安全性を無視したまちづくり」は空しいもの。高知市中心部は「豆腐の上に建っている」(軟弱地盤で低地)という絶対的な真実を無視したまちづくり、都市建設は危険です。

 次の南海地震の襲来は「カウントダウン」されています。貴重な財源を「緊急性のない」公共財建築に使用していいのか。浸水予想地域の住民の安全対策(浸水時の避難場所)などに投資するべきではないのか。来年改選の知事、市長、県・市議の皆さんも冷静に考えていただきたい。
Kouchicityzenkei

昭和の南海地震では下知・潮江地域は殆どが田畑でした。それは今や市街地になっています。地盤が耐震地盤になったわけでも、海抜が5メートル以上になったわけでもありません。

|

« 横浜球団はどうなるのか? | トップページ | 映画「雄呂血」を鑑賞しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/49766077

この記事へのトラックバック一覧です: 掲載された投稿と”没”の投稿:

« 横浜球団はどうなるのか? | トップページ | 映画「雄呂血」を鑑賞しました »