« デジカメが壊れた! | トップページ | ハローワーク高知跡も解体 »

2010.10.14

30年前の怖い話

 飲食店を経営している人が気になることを言われました。この道何10年というベテランの人です。

「若い頃や。ある大学の先生が言いよった。インスタント食品や手軽な食品加工物がどんどん出始めたときやった。わしらは便利なものが出来たなと感心しておった。

 ところがその先生は、あと30年もすれば、日本人は頭がおかしくなる。理由もなく人殺しをしたり、親が子を,子が親を捨てることが平気で起こる。すべては食生活の乱れから引き起こされる。」と。

 その当時は全然そんなことは嘘やろうと聞き流していました。しかし最近その教授の言葉が気になってしようがない。とのことです。

 いやはや、こちらも驚きました。

 私なんぞはインスタント食品の「申し子」のようなもの。チキンラーメンは小学校時代に。カップヌードルは大学生時代に。マクドナルドは東京勤務時代にありました。吉野家の牛丼は1週連続で食べてそれから嫌になりましたが。

 ボンカレーに、子供時代は人口甘味料満載の「渡辺のジュースの素」を夏は毎日飲んでいました。

 教授の予言が当たっているだけに、「インスタント食品」の大好きだった私は、今や背筋が寒い思いをしています。

|

« デジカメが壊れた! | トップページ | ハローワーク高知跡も解体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/49615888

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の怖い話:

« デジカメが壊れた! | トップページ | ハローワーク高知跡も解体 »