« ハローワーク高知跡も解体 | トップページ | 良かった全員生還されて »

2010.10.14

セーリングの基本

 英文の教本は基本的な技術論のようです。Wさんにいただきました。

 ヨットの帆走技術の基本は、方向転換です。風上への方向転換は、タッキング(タック)と呼ばれています。
Tac1_2


Tac2_2

 風下側への方向転換をジャイビング(ジャイブ)と呼ばれています。

 私などは、タックは舵を押し出し、ヨットが回りだしたら反対側へ移動し、舵を持ち換える。

 ジャイブは手前に舵を引き、ブームが頭の上を通過した瞬間に反対側に移動し、引いた舵の(距離の)半分を、戻す(あて舵)をします。そうすれば沈はしません。身体で覚えています。
Gyb1_2


Gyb2_4

 「濡れない沈起こし」もこれからの強風の時期には必要なテクニックです。落水すると這い上がるのが実は大変。センターボードに駆け上がり、ヨットを起こして這い上がる。それだけで結構体力を使いますから。
Drytint_2

|

« ハローワーク高知跡も解体 | トップページ | 良かった全員生還されて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/49712623

この記事へのトラックバック一覧です: セーリングの基本:

« ハローワーク高知跡も解体 | トップページ | 良かった全員生還されて »