« 帝国主義戦争を内乱に転化せよ | トップページ | 中華料理店揚州へ行きました »

2010.10.19

沖縄那覇市首里での不発弾処理には驚き

 先日の沖縄県那覇市首里鳥堀町での米軍の不発弾が見つかったというニュースには驚き。

 
 住宅街の不発弾爆破終了 那覇市首里鳥堀町(沖縄タイムズ)

 下の子供が通学していた沖縄県立芸大の近く。首里城やゆいれーるというモノレールの終点近くではありませんか。

Dataltgxe3f8cti3u5djtbt7ej1zfrneyme

 確かこの県道。昔沖縄へ家族で行っていたとき、家内の実家の車を借りて、中部や、恩納村へ行くとき、高速道路へいく連絡道路でよく通過していたところです。いやはや驚きました。

 首里城に旧日本軍事例部が置かれていたので、米軍が艦砲射撃と空爆を徹底的に行ったからでしょう。

 65年前の不発弾がまだ2万発もあるようだというではありませんか。これからもまだまだでてきそうです。

|

« 帝国主義戦争を内乱に転化せよ | トップページ | 中華料理店揚州へ行きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄那覇市首里での不発弾処理には驚き:

« 帝国主義戦争を内乱に転化せよ | トップページ | 中華料理店揚州へ行きました »