« 敗因は政治と金問題ではない | トップページ | 飲酒運転で当て逃げかよ。中国漁船は・・・ »

2010.10.28

週末は台風14号で大荒れの様子です

Typhe102810zi


 今週末は季節外れの台風14号の影響で海は大荒れの様子。セーリングはできそうもないです。どうやら沖縄・奄美の東海上をかすめ、九州・四国にも上陸はせず、東海上をかすめて北上する気配のようです。

 上陸はしないから勢力が衰えません。現在945HPになっています。

 日本上空には冬の寒気団が居座って台風を「阻止」するような形です。これが夏であれば生暖かい空気が南風で吹き込んで大雨が降ります。今回の奄美の大雨は遥かフィリピンから台湾沖の台風13号の影響での大雨でしたから。今回はその気配はなさそうです。

 気象庁台風情報 を常に見ていないといけないと思います。

 今回の台風は「風台風」のようですね。

Fukinagashishusei


 もっと「風を感じ、敏感にならないといけない」と思います。

 工事現場では、足場にかけている養生シートはたたまないといけません。風速10メートル以上で、警報が出れば外出は控えるべきでしょう。車の運転も危険です。

 吹流しが真横になる風は10メートル以上の強風。ディンギーでは私の腕前では「恐怖」を感じながら、かろうじてセーリングしている程度。もしくは沈し、早々にリタイヤする風なのです。

 よく台風接近時に、高齢者の人が強風時に外出して、風に煽られ転倒して大怪我されたとか、屋根に上って風で飛ばされ亡くなったと言うことも聞きます。それは風に対して感覚が鈍くなっている証拠です。


風による被害想定をネットで調べてみました。(日本気象協会

平均風速(m/s) 想定被害 (10Mでも風が怖いことが理解できます。)

10以上~15未満 樹木全体が揺れる。電線が鳴る

15以上~20未満 風に向かって歩けない。転倒する人もでる

20以上~25未満 しっかりと身体を確保しないと転倒する

25以上~30未満 ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める

30以上~ 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる

 昔の人たちは風を恐れ、風を意識し、風を活用してきました。帆船が層ですし、風車もそうです。この200年ほど化石燃料(石炭・石油)で生活することに慣れきっているので、わたしたちは自然と対話することを忘れてしまっています。

 台風は強烈ですが、改めて「感じさせて」いただきます。週末は皆さん、粛々と台風対策をしてください。

 植木鉢を倉庫に入れるとか、窓の目張りや、雨漏り対策を明日はしないといけません。

 週末は当然海でのセーリングは出来ません。ヨットをハーバーへ縛りに行かないと。困った週末になりそうです。

 また入野みかん園の開園日でもあります。台風はそれていただきたい。それなければ、金曜日は、「荷揚げ」や窓の目張りなど台風対策をしないといけないです。

|

« 敗因は政治と金問題ではない | トップページ | 飲酒運転で当て逃げかよ。中国漁船は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/49866507

この記事へのトラックバック一覧です: 週末は台風14号で大荒れの様子です:

« 敗因は政治と金問題ではない | トップページ | 飲酒運転で当て逃げかよ。中国漁船は・・・ »