« 菅ー仙石「売国奴内閣」は退陣せよ | トップページ | 受け継ぎ鼓吹するのは”龍馬の精神”だろうに »

2010.10.05

「お父さんの戦記」を読んで

Mizukisigeruhon
「娘に語る お父さんの戦記」(水木しげる・著・河出書房新社・1985年刊)を読みました。水木しげと言えば、子供の頃「ゲゲゲの鬼太郎」を読み、テレビで鑑賞したもの。たいしたファンではなかったが、妖怪キャラクターのねずみ男や、ぬり壁、こなき爺、一反もめんなどを知っているので、浸透度は大変なものです。

 好評だった「ゲゲゲの女房」でも、水木夫妻の半生がドラマになり、面白く毎日見ていました。

 ドラマにもでてきましたが、水木しげるは大変な戦争体験をしています。ろくに武器のない状態で突撃命令が出て、部隊は全滅。死線をさまよいようやく帰着したものの、「なぜ皆と一緒に突撃して死ななかったのか。」と詰問されるはめに。
M1

 マラリアで弱っているところへ、爆撃で左腕を切断。傷病兵となる。その間に現地の人たちと仲良くなり、軍からは怒られるが、楽しい思い出として何10年も語られる。

 この本は水木しげるが、2人の娘たちに自分の戦争体験を挿絵も含め書き下ろしています。読んでいて身につまされる箇所もありました。
M20

 無意味な軍事訓練。軍隊内での無意味なリンチ。死ぬことの強要。そのなかでも水木しげるは過酷な環境に適合し、生き抜こうとしている姿が描かれています。

 戦争の悲惨さ、惨めさをきちんと描かれています。

 水木しげるのマンガの原点があるのだと思いました。

M31

|

« 菅ー仙石「売国奴内閣」は退陣せよ | トップページ | 受け継ぎ鼓吹するのは”龍馬の精神”だろうに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お父さんの戦記」を読んで:

« 菅ー仙石「売国奴内閣」は退陣せよ | トップページ | 受け継ぎ鼓吹するのは”龍馬の精神”だろうに »