« 「吉田松陰」を読んで | トップページ | 国民読書年ということですが・・ »

2010.11.17

将来を悲観する必要はない

  昨日は月に一度の整体の日。老師(85歳・整体暦50年)に身体を調整していただいています。整体をされる日は、火曜と金曜日ですが、30分ごとに「患者」が押し寄せて来られます。それをTシャツにGパン姿で精力的にこなされておられます。

「戸籍年齢はいくらとってもかまわない。なんでも経験。事故も病気も経験.年を重ねればいろんな経験をしているので、人生がより楽しくなる。わしは85歳であるが、100歳までは整体の仕事で忙しい。」

「そういえばカヌーも君の紹介で夜須でやった。今度は仁淀川で川でのカヌーを体験したいもの。また紹介していただきたい・」とのこと。実に若々しく行動的な老師であります。

 おかげで「東京での疲れ」が癒されました。リンパの流れが良くなった気がします。それで昨夜の寝つきが良いことです。

「君はまだまだ若い。人生125年のまだ半分も生きていない。青春時代である。どんどんやりたいことをやりたまえ。結果はどうあれ、それも経験。年取ったからが楽しい人生となるからだ。」

 老師と話していると元気になります。めげずに、腐らずに生きていこうと思います。

|

« 「吉田松陰」を読んで | トップページ | 国民読書年ということですが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/50046944

この記事へのトラックバック一覧です: 将来を悲観する必要はない:

« 「吉田松陰」を読んで | トップページ | 国民読書年ということですが・・ »