« 道路標示の工事がありました | トップページ | 中国はきちんと礼節をしめす国になれ »

2010.12.16

こだわる「感覚」の違いー都市部と地方

 取得する特殊な技術と言うわけでは全然ありませんが、大都市部と、地方での生活では全然関心ごとが違っています。5年ぶりに東京へ行って、あらためて田舎者であることを自覚しました。
(大都市部)

 乗換えが便利なように電車に乗る位置に関心が出来、乗り換え時間を短縮化する。歩く速度が早くなる。

 乗り換え駅の選定に関心が高い。勤務時期は翌朝の通勤を考えて飲食時間を制約する。

 市街地は人で溢れ、行列が繁盛店では当たり前。ディズニーランドへ常に行く。

 プロスポーツが手軽に見れる。映画やコンサートも美術館も多い。

 海も山も遠い。


(地方ー高知)

 海の観天望気に関心があり、風を必死で読んでいる。田舎の道路の走行に慣れている。
シャッター通りが当たり前の市街地。

 プロスポーツは殆ど見れない。コンサートもなかなか見れない。文化過疎の現実。

 海も山も川も近い。生活費用は安い。自然相手の遊びができれば最高。

 とまあ良いところも悪いところもありますね。

 わたしは東京で子供から大人になりました。仕事も覚えました。しかし今や高知の田舎者です。それに慣れてしまいました。それでよかれと思う自分がいます。

|

« 道路標示の工事がありました | トップページ | 中国はきちんと礼節をしめす国になれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/50192386

この記事へのトラックバック一覧です: こだわる「感覚」の違いー都市部と地方:

« 道路標示の工事がありました | トップページ | 中国はきちんと礼節をしめす国になれ »