« 何もしないことはいいことです | トップページ | 明日から仕事です »

2011.01.03

新年初始動ー五台山散策

 なにもしないお正月と決めていました。しかし下の子供が今日の便で戻るというので、午前中は歩いて五台山へ行くことにしました。牧野植物園の新しい温室が出来たので、見学に行くことにしました。

 青柳橋を渡るとすぐに五台山です。
Aoyagibashi01_r

 五台山の上がり口すぐに、津波待避所の表示がありました。海抜12メートルとか。二葉町にはこうした高台は皆無です。
Tunamihinanssho01_r

 兼山神社へ立ち寄りました。江戸初期の土佐藩の家老であった野中兼山の偉業を偲んでつくられた神社です。
Kenzanzinsya01_r

 新しい建物もありました。しかし鍵がかかっていました。
Kenzanzinsha03_r

 車道(一方通行路)を徒歩で登りました。結構車が通過していきました。
Godaisankuruma004_r

 新しくなった牧野植物園の温室へ行きました。中はさすがに暑いのでめがねもカメラも曇ってしまいました。
Monshitu01_r


Monshitu02_r


Monshitu6_r


Monshitu_r

 熱帯系の植物類が多く植生していました。
しかしあまり広くはありません。沖縄にある熱帯植物園に比べますと、貧弱な施設です。牧野博士の業績からしれば、もっと巨大なものであったほうが良いです。県立でなく国立でやるべきでしょう。

 カンランの展示所もありました。
Tosakanran01_r

 牧野植物園の展示コーナー。牧野富太郎博士の業績をわかりやすく展示しています。ここの展示はわかりやすく一流であると思います。
Makinotenzi001_r


Makinotenzi3_r

 牧野博士の自宅のジオラマ。暗くて良く写りません。
Mikinoziorama01_r

 莫大な借金の証文と借用書。もはや「歴史」です。
Makinoshaikin01_r


Makinoshakin002_r

 ギャラリーで牧野富太郎植物画集を購入しました。1575円しましたが、それだけの価値があります。植物画は物凄い精度で描かれています。
Mshokubutugahonh


Mikinohon03_r

牧野富太郎博士と牧野植物園の魅力につきましては、以前高知シティFMで番組をしていましたときに、当時の学芸職員展示デザイナーの里見和彦さんからお聞きしました。

 参考サイト記事

 牧野富太郎ってどんな人? 

 富太郎のうた


 僕の仕事~展示道 

 牧野植物園の魅力

 竹林寺へ行きました。初詣の人が物凄くいました。おみくじを引きましたが、「小吉」でした。まあまあのスタートです。
Tikurinzi2_r


Tikurinzi3_r

 お昼は展望台レストラン「パノラマ」にて五台山サンドとコーヒーを注文しました。なかなか混んでいました。
Panoramalunchi01_r

 自宅付近の高知市の鳥瞰です。
Kouchicty1_r

 五台山道路のある高須付近です。真ん中の分離帯に高架が出来、南国道路が着工されるようです。完成は未定です。
Godansandouro02_r


 午後3時頃下山しました。

|

« 何もしないことはいいことです | トップページ | 明日から仕事です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/50479997

この記事へのトラックバック一覧です: 新年初始動ー五台山散策:

« 何もしないことはいいことです | トップページ | 明日から仕事です »