« 2月13日の夜須の海 | トップページ | フェイス・ブックというのは凄いらしい »

2011.02.14

どうなるエジプトの政治体制

  30年間継続したムバラク独裁体制が崩壊しました。前大統領はどうなっているのか?おそらくエジプト軍が保護しているか、もしくは軟禁しているのでしょうか?

 ムバラク後の政治体制が見えてきません。強権政治で野党が育つ基盤を根こそぎなくしてしまう政策をとってきたからです。街頭へ繰り出しているのは、おそらく既存の野党勢力とは無縁な若者たちでしょう。

 イランのように聖職者が全面へ出てこないようです。緩めのイスラム国なのでしょうか?

 アメリカは民主化を歓迎する一方、一番恐れているのは「反米・反イスラエル政権」の誕生です。

 パレスチナで民主的な選挙をしたら、イスラム原理主義政党で「反米・反イスラエル」を掲げるハマスが第1党になりました。そしたらイスラエルは軍事侵攻し、ガザの街を破壊しつくしました。

 今回のエジプトではエジプト軍が冷静で統制が取れていて、市民を強権弾圧する側にたちませんでした。中国のような暴力での弾圧行動はいっさいありませんでした。それが関心します。

 既に体制の不安定化、他の中東諸国への波及の懸念からか、投機筋がまたも動いて石油製品関連が値上げになってきています。実に動向は読めません。

 エジプト情勢からは当面目が離せない状態です。

|

« 2月13日の夜須の海 | トップページ | フェイス・ブックというのは凄いらしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなるエジプトの政治体制:

« 2月13日の夜須の海 | トップページ | フェイス・ブックというのは凄いらしい »