« 「わかりやすく<伝える>技術」を読んで | トップページ | 相撲道を確立するしか解決はしない »

2011.02.16

居酒屋の大将が都知事選に出馬とか

 4月に予定されている東京都知事選挙。現状では「ファシスト」知事の石原慎太郎氏が出馬すれば最有力であるとか?一体東京都民の見識はどうなっているのでしょう?昨年は五輪誘致活動で、多額の無駄遣いをしましたから。

 ここへきて居酒屋チェーンを経営されている渡辺美樹氏(51歳 ワタミ創業者)が、都知事選挙に出馬されるそうです。政党の推薦を受け付けるとか。現在は無所属。

 あと前宮崎県知事だったそのまんま東氏。出馬を前提とした活動をされております。

 共産党は昨年の参議院選挙で、コーヒー店チェーンの人に競り負けた党の論客である小池昇氏が出馬表明をしています。民主党は蓮航氏の名前も浮上しているとか。

 とにかく「ファシスト」知事には引退してもらいたい。ムダづかいも辞めていただきたいからです。居酒屋の大将はどこまでやれるのでしょうか?注目です

|

« 「わかりやすく<伝える>技術」を読んで | トップページ | 相撲道を確立するしか解決はしない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋の大将が都知事選に出馬とか:

« 「わかりやすく<伝える>技術」を読んで | トップページ | 相撲道を確立するしか解決はしない »