« ネオコンはトロツキスト? | トップページ | 暖かい1日です »

2011.03.13

原発と地震列島は共存できるのか

Hatudenhiritu


 東北・関東大地震の被害は想定を超えています。大地震の揺れる凄さと、津波の恐ろしさ。東北三陸地域の皆様方は過去にも津波被害を何度か罹災されており、防災意識も高いと思います。

 驚いたのは地震対策の防災対策会議を開催中に、大津波が襲来、役場の建物ごと町長以下幹部職員や役場職員も巻き込まれ、生き方不明になる凄まじさです。

 そのなかで、「やはり」原子力発電所の安全性が問われました。「原子力発電は岩盤の固いところに立地し、耐震設計や耐震補強は万全だ。原子炉は強固な容器で覆われているので安全性には問題ない。」原子力関係者は普段はこう言われていました。

 福島原子力発電所の1号機、2号機、3号機は、尋常ならない異常が発生したのに違いない。恐らく原子力関係者の「想定外」の被害が出たことでしょう。

 とにかく情報が断片的であり、訳がわからない。常にこういう場合原子力発電関係者は「安全」を何度も口にし、不安を煽らないでほしいと言い続けます。しかしそれにしては歯切れが悪く、対策が後手後手に回っている印象が拭えません。

 故障の原因も原子力発電所でありながら、地震による停電で、冷却水を補給するポンプが作動せず、また津波の影響で非常用電源も故障した。それで原子炉内に冷却水が供給できなくなり、制御棒が熱を持ち、固形化されていた放射性物質のセシウムなどが溶け出し大気中に放出されたらしい。
 
 更に原子炉内の圧力が上昇すると炉心溶融が進行し、危険になるので、外へ放出する作業をすると、政府が発表した。大気中に放出するが、安全だ。

 と思っていたら突然1号機の建物が爆発しました。またも心配することはないとの発表がありました。その爆発の影響で原子炉から3キロ離れ、避難していた住民が数十人が被爆。うち3人からは放射性物質が検出され、治療が必要であるとのこと。

 遂に1号機は海水を原子炉に注入して冷却させて「安楽死」させる方法に着手しているようです。これで1号炉は使用不能になるそうですが、安全にあるそうです。

 大地震や大津波は自然災害ですが原子力発電事故の被害は、人災です。しかも常に情報は小出しで断片的で、「安全です」の繰り返し。これでは「信用」に値しない。

 現在日本の電力の35%は原子力発電に依存しています。四国では4割を超えています。日本では54基の原子炉が稼動しており、国家の大方針で原子力発電稼動の推進をしています。
Ikata_2

 政権交代してもこの流れが変りません。国内の電力資源の依存度を原子力発電にますます頼るばかりか、海外への原子力発電の輸出に最近は力をいれ、ベトナムでの受注もしています。

 また原子力発電は放射性廃棄物を大量に排出します。その処理が実は大問題であり、高知県も無縁ではありませんでした。原子力発電から排出される毒性が強く(周囲にいるだけで人間は3分で致死すると言われている)高レベル放射性廃棄物の、地下への最終処分場の立地が高知県東洋町で4年前に実施される寸前までになっていました。

 幸い賢明な東洋町の皆さんの判断と、多くの人達の反対運動で計画は断念されました。もし立地されておったならば、大地震時の安全性には極めて疑問でありました。近く起きるとされる南海大地震の震源地に近いからです。

 東洋町長選挙のレポート(2007年)http://www.nc-21.co.jp/dokodemo/bbs3/sawayama/toyo-senkyo.html

 日本国民は今後決断が迫られます。

 日本は全世界の面積は0.25%とされています。しかし全世界の震度5以上の地震の25%は日本で発生しています。日本は有数の地震大国であります。日本列島も「地震でできた」ともいえます。

 その地震列島に54基の原子力発電が稼動しています。今回の地震で被害を受けた福島原子力発電所は、プレート型大地震が起きる場所に立地しています。新潟中越沖地震で被害が出た新潟柏刈羽原子力発電所は、日本海側の直下型群発地震の活断層の巣の上に立地しています。

 このまま日本は地震と原発と共存していく道を選択しつつけるのか、それとも原子力発電を廃棄し、水力、バイオマス発電、地熱、風力、太陽光などのエネルギーの自給、地産地消という困難な道を選択するのか難しい選択が必要です。

 日本に原子力発電所が建設されたのは敗戦後のここ60年以内です。ことさら大きな地震はありませんでした。今回の東北・関東大地震は日本の原子力発電の岐路になりました。

 このまま原子力発電所と共存するのか。それとも放棄し別の発電方式で行うのか。どちらも困難な道筋であると思います。

 ただどの道を選択するにしろ。家庭でも企業でも「電気をためる」「蓄電し活用する」方法をもっと実用化すべきでしょう。

 原子力発電所の余剰電力消費の為に「オール電化生活」を推進してきたはずではないか。今回原子力発電の故障で、運転停止や点検で多くの原子力発電所が停止に追い込まれてしまいます。

 そしたら今度は「省エネで、待機電力をやめましょう」の大キャンパーんが行われることでしょう。なんだか滑稽です。最初から省エネをすれば、発電所も多くいらないと思いますね。

 原子力発電所と共存するのか、しないのか。国民投票をする必要があると私は思います。

|

« ネオコンはトロツキスト? | トップページ | 暖かい1日です »

コメント

やっしーさんおぞましい話です。

 本当の情報は玉石混合の情報のなかにこそあります。マスコミの情報はいろんなフィルターでろ過されております。

 毒もありますが、情報は勇気を持ってとるべきですね。

投稿: けんちゃん | 2011.03.14 21:33

「地震兵器 原発」で検索してみてください。いろいろと情報が出てきます。出所の不明な怪しい情報が多いですが、眉唾ものと一蹴するにはあまりにも偶然が一致しています。

投稿: やっしー | 2011.03.13 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発と地震列島は共存できるのか:

« ネオコンはトロツキスト? | トップページ | 暖かい1日です »