« やはり”出た”米国人の沖縄蔑視発言 | トップページ | 朝日新聞だけが沖縄”侮蔑記事”を1面に掲載 »

2011.03.08

今週の野良犬メディアは

Photo
 今週の野良犬メディアである週刊現代3月19日号。父が朝の散歩で購入してきました。それで昼休みに見ています。毎日いろんな事件がありました。NZの地震。熊本の幼女殺害事件。その前には携帯電話を利用したカンニング事件。

 相変わらず国会も「ダッチロール」状態に。前原外務大臣が数万円の外国人からの政治献金で辞任してしまいました。北アフリカリビア情勢も内戦状態。とにかく忙しい1週間でした。大相撲の八百長問題も下火になっておりましたが・・。

 先週は低調だっただけに今週はすこしは持ち直しているようです。

Sg3191_r

 「中国・北朝鮮に異変あり」とP28には記事があります。とくにたいした記事ではなく「観測記事」があるだけ。北京で「デモの呼びかけがあり、大勢の市民が集まっていた。その「観察」にアメリカのハリマン大使がいたそうです。変化を肌で捉える姿勢があるようです。

 一方同時間帯に、日本の丹羽大使は日本人記者を集め、外交の腰が定まらない民主党政権への批判を繰り返していたそうです。あくまで「内向きの」日本外交ですね。街へ出て情報をとってこいよ。外交官なら。
Sg319yaotyou02_r

 週刊現代といえば、やはり「大相撲の八百長問題」こそが真髄。またも今週号では若ノ鵬の「告白」が中心に、八百長事例がことこまかく書かれている、。実に現実味がある記述には驚く。

 「さもありなん」と思わせる記事ではありますね。

 来週から始まる予定であった3月場所は中止に。しかし一向に「八百長疑惑」は収まらず。どうするつもりなんでしょうか?解散・総選挙ということになれば、だれもjこのまま大相撲を忘れてしまいやしないだろうか。心配です。


|

« やはり”出た”米国人の沖縄蔑視発言 | トップページ | 朝日新聞だけが沖縄”侮蔑記事”を1面に掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の野良犬メディアは:

« やはり”出た”米国人の沖縄蔑視発言 | トップページ | 朝日新聞だけが沖縄”侮蔑記事”を1面に掲載 »