« 都市型地震の恐怖 | トップページ | 14日の高知空港 »

2011.03.15

政府閣僚は原発現地へ行って陣頭指揮しろ

  福島県には6つも原子力発電があるので、関連企業で就労している人たちも多いだろうし、莫大な原発交付金でまちづくりをしている自治体も多いと思います。

 だから今まで原子力発電所を批判する住民の声は小さかったようです。しかし相次ぐ爆発と、要領を得ない説明、放射能漏れの情報がどんどん出てくるにつれ、批判の声も高くなるようです。

 政府閣僚はただちに原子力発電所現場へ行き、事態を正確に把握し、国民にわかりやすい説明をすべきです。それこそ説明責任を果たすべきです。

 原子力安全保安院や東京電力の説明は心もとない。枝野官房長官の説明も要領を得ない。きちんと説明を政府はすべきです。

|

« 都市型地震の恐怖 | トップページ | 14日の高知空港 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/51117019

この記事へのトラックバック一覧です: 政府閣僚は原発現地へ行って陣頭指揮しろ:

« 都市型地震の恐怖 | トップページ | 14日の高知空港 »