« やはり原子力発電所の怖さは暴走すれば制御できないこと | トップページ | 3月19日の夜須の海 »

2011.03.19

原子力発電と今後も共存すべきなのか

  ある人から教えていただいた原発のたとえ話。とてもよく出来ています。動画です。貼り付けました。

 ZAKZAKでは「事故原発は”欠陥品”?設計担当ら35年ぶり仰天告白という記事までありました。本当なら完全な人災であります。しかしうまく沈静化していただくのでしょうか?

 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110318/dms1103181534014-n1.htm

 この話が本当であれば、「安全」ではないということです。アメリカ政府が関東在住の同国人を退避させようとチャーター機を飛ばした利用もわかるような気がします。

|

« やはり原子力発電所の怖さは暴走すれば制御できないこと | トップページ | 3月19日の夜須の海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/51153110

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電と今後も共存すべきなのか:

« やはり原子力発電所の怖さは暴走すれば制御できないこと | トップページ | 3月19日の夜須の海 »