« 放射能とは人間は共存できない | トップページ | 原発被害特集の”野良犬メディア” »

2011.03.29

東洋町は震災と原発災害の罹災者受け入れを表明されました

  高知県東洋町では、東北関東大震災と福島第1原子力発電破損事故による罹災者の皆様を受け入れることを表明されていました。

 沢山保太郎東洋町長が、ご自身のブログで表明されていました。


          呼びかけ

 福島の方、否、東北、関東の方々はどうか東洋町に移住してきてください。
震災と原発放射能に苦しんでいる方は、東洋町で一時的でも永久的でも移住してください。

 どのくらい受け入れることができるかわかりません。東洋町が人でパンクするぐらいになっても何とかするつもりです。

 当面、数十戸程度ですが、宿舎と食料と衣類とは、無料で提供するつもりです。
特に子供を抱えたお母さんたちは、一刻も早く東洋町に避難してください。

  東洋町は核を拒否し、福祉の町を建設中です。

         連絡先 0887ー29-3111

   沢山保太郎東洋町長のブログ  http://sawayama.cocolog-nifty.com/blog/  


 4年前東洋町は原子力発電から排出される核廃棄物処理場の立地を断固として拒否されました。東洋町民の高い見識によって、高知県の海は守られたのです。

 参考  東洋町長選挙レポート(2007年)

Kakumiraiokurimono

 東洋町の皆さんは「核廃棄物処理場」を断固として拒否されました。

|

« 放射能とは人間は共存できない | トップページ | 原発被害特集の”野良犬メディア” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11475/51238676

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町は震災と原発災害の罹災者受け入れを表明されました:

« 放射能とは人間は共存できない | トップページ | 原発被害特集の”野良犬メディア” »